HOME > 製品情報 > ポンプ > PiCO PUMP

製品情報/products

PiCO PUMPPC型

 一軸ねじポンプの送液原理は、ステータの中心軸とロータの回転の中心軸との間に偏心量を設定することで、ステータとロータで作る送液空間を移動させることです。
 PiCOポンプは、ロータが駆動軸とダイレクトに連結し、駆動軸と同一軸上で回転します。
 この時、ステーター(当社名称:ハイパフォーマンスロータ)は、ロータの編心量分だけずらした位置で自由に回転するように支承させるので、自然とロータの1/2の回転速度で従属回転します。

 この【ステータも回転させる】革新的な構造により、ロータが駆動軸と同一軸上で回転する理想的な送液原理を実現し、脈動がほとんどない圧送が可能となります。

PiCO PUMP




特長

1.Maintenance 分解・組立が簡単! 
 日常の洗浄時は4ユニットのわずかなステップで分解、組立が完了。
 簡単に扱えるシンプルなデザイン。簡単に交換できる自社開発のPiCOポンプ専用メカニカルシール。

2.Compact 設置の自由がきいて省スペース! 
 従来型は別置き台を必要としましたが、PiCOポンプでは、置場を選ばない自由なレイアウトが可能。
 ポンプのコンパクト化=設置スペースの削減。生産スペースの効率活用をもたらします。

3.Washable 抜群の洗浄性! 
 ポンプハウジングが小さいから、残存液が少なく済みます。
 凹凸の少ない内部構造なので、汚れが付きにくい。
 従来型よりも洗浄効率が高く、エネルギーや資源の使用量を削減します。

4.Advantage 新次元の高性能! 
 ロータと駆動シャフトを一体化し、軸受で支持するダイレクトドライブテクノロジー。
 高圧運転でもハイパフォーマンスロータへの荷重が少なく、変形も少ない、 →定量性を維持。

5.Performance 優れた吸込み性能! 
 広い吸入面積で流動性のない液体でも力強く吸入します。
 コンパクトなポンプハウジングはエアーの停滞がなく、吸込み入り口が近いので、スクリューや補助押込みがなくても吸引するケースがあります。


<<もちろん従来型の一軸ねじポンプの優れた特徴も継承しています>>
○超低脈動で定量性の高い連続流で、信頼性の高い安定移送が可能。
○水状から高粘度・高濃度液・スラリー液・気泡含有液を移送可能。
○渦流、撹拌がなく、液の性状変化が起こりにくい。
○1回転当りの吐出し量が精確なので、流量制御が容易。


用途

さまざまな粘度、液の状態に対応。幅広い製品への対応が可能です。

・サラサラの液状製品(ソース、めんつゆ、醤油)
・高粘度製品(味噌、マヨネーズ、ケチャップ)
・固形物を含む液(焼き肉のたれ、ドレッシング等)
・空気・泡を含んだ液(炭酸飲料、ビール)
・他


諸元表

PICOPUMP諸元表



お問い合わせ